慢性疲労はコリが原因

首から背中のマッサージが効果的

マッサージで慢性疲労もとれる

寝ても食べても疲れがとれない人が増えています。特にデスクワークをしていると目が疲れ肩や首凝りが慢性化していることがあります。また猫背になっていることも多いので背中全体はパンパンに張っていることも多いのです。眼精疲労、肩や首の凝り、背中の張りが慢性化すると慢性疲労になることがあります。この部分の張りや凝りは胃腸の不調を招き痛みやもたれなど食欲不振を招きます。頭痛の原因にもなり痛みで苦痛で睡眠の妨げにもあります。首から背中全体の血流が悪くなり乳酸がたまり、疲労物質の回収がうまくいかないので疲れがとれない状態が続いています。マッサージでこの凝っている部分をほぐせば不快な症状すべてを取り除くことができるのです。慢性疲労を感じている人は首から背中が極度に緊張しています。老廃物を取り除き血流を改善し筋肉が柔らかくなると驚くほどの疲れがとれます。プロのマッサージなら簡単に解消することができます。慢性疲労の原因はうつ病、自律神経失調症、内臓疾患などの場合があります。慢性疲労を感じる人は病院で検査を受けましょう。異常がなければ首から背中にかけてマッサージでほぐすことができれば慢性疲労は解消されていきます。

マッサージの凄い情報

↑PAGE TOP